この記事は約 8 55 秒で読めます。

痛風の前兆に悩む男性

痛風とは、体の中に尿酸がたまって、尿酸が結晶となるために関節に炎症をもたらす病気です。

痛風という名前の由来になったエピソードとしては、風が当たっただけでも痛いということがあり、強烈な痛みをともなう病気であることがわかります。

痛風の発作は足の親指に起こることが一番多く、ぼっこりと腫れ上がります。発作が足に起きることが多いため、痛風発作が起きた直後は歩くこともままならない状態になります。

発作はだいたい1週間程度でおさまっていきますが、きちんと対処をしていかなければ、繰り返し再発するようになってしまいます。

慢性の痛風になってしまうのを防ぐためはに、大元の原因となる尿酸値の管理が非常に重要となってきます。

また、痛風は男性に多い病気といわれており、中年の人によく発症する病気でした。

しかし、最近では比較的若い人でも痛風を発症したり、数は少ないですが女性の痛風患者も出てくるようになりました。

特定の性別・年代に限らず、痛風にかかる人の幅は広がってきています。

身近に起こりうる病気となってきている痛風ですが、尿酸値が高めの人はちょっとしたきっかけで痛風の症状が出てきてしまうことがあるので、痛風発作が起きてしまう前に前触れをキャッチして対処できるように痛風に関する基礎知識を身につけておきましょう。

この記事では痛風の前触れとして身体に起きる症状について詳しく解説し、さらにそういった前兆があったときにはどういったことに注意すべきかということに焦点を絞って具体的な方法を解説していきます。

  • もしかしたらこれは痛風の予兆なのかもしれない…そんな症状があるとき
  • 痛風の前触れを感じたときに未然に防ぐためにどんなことができるのか知りたい
  • 痛風の前兆は体のどんな場所に症状が現れるのかを知りたい

当てはまる方はぜひこのまま読み進めてみてください。死ぬほど痛い痛風発作を未然に防ぐための役に立つはずです。

痛風には前兆ってあるの?

痛風が発症するまでのプロセスは、すべての人で全く同じというわけではなく、個人差があります。

しかし、痛風の前兆をできるだけ早く察知することで、初期対応がスムーズにいく場合があります。

痛風の前兆の有無は、2回目以降の再発なのか、それともまだ痛風を発症したことがないけど、今回はじめて痛風発作が起きる前触れが出てしまったのかによって毛色が異なってきます。

痛風の前兆を知り、いざというときのために備えておくための対処法をそれぞれのケースに分けて説明します。

ケース1:痛風発作が起こるのが2回目以降の場合

体がしびれるのは痛風の前兆?

2回目以降の発作が起こるときには、痛風発作が起きる前に前兆を感じる人も多いです。

関節に違和感を感じる例が多いですが、たとえば関節がむずむずしたり、ピリピリしたり、しびれる・ほてる、かゆいなどの前兆が挙げられます。

なお、このような違和感は足の親指に出てくることが多いです。

足の親指は痛風発作が最も起こりやすい部位ですが、そこに前兆としてのサインが表れているということになります。

他にも、痛風発作のような激しい痛みではないものの、前兆として軽い痛みや鈍い痛みを生じることもあります。

特に痛風発作を何度も繰り返しているほど、こういった前兆を感じ取りやすくなる傾向にあります。

何度も痛風発作が起こっている人は、どのような前兆があるのか経験的にわかっていきます。

しかし、痛風を発症して間もない人や、過去に発作が起こった回数が少ない人は、「なんだか足に違和感があるな」と思いつつもそのまま日常生活を送ってしまう場合が多いです。足の違和感をむずむず脚症候群と勘違いしてしまう場合もあるようです。

さらに困ったことに、この前兆となる症状を放置しておくと、期間をおくことで足のむずむず感などがおさまってしまうことが多いのが厄介なのです。

前兆症状がおさまったと思って油断していると、そのあとで痛風発作が起こる可能性が高まりますが、この段階で対処ができれば重症化せずに済むことも多いのです。

ケース2:まだ痛風にかかったことがない場合

痛風の前兆に気が付かない

痛風にかかるのが初めての場合には、何の前兆もなく突然起こるというケースが多いです。

ある日突然発症するため、「昨日までは何ともなかったのに…」と驚く人も多いでしょう。

健康診断で尿酸値が高い人や、医師から痛風になる可能性を指摘されたことのある人は、放置しておくことで突然発症してしまうのであまりの痛みにどうしたらいいのかわからないという人も多いようです。

ある日突然痛風発作が起こって辛い思いをしないように、日頃から予防をしたり、知識を身につけて備えておくことが望ましいですね。

痛風発作が起こると強烈な痛みに見舞われますが、症状を軽くするために自分でできる対処法もあるため、尿酸値が高いと言われてしまっているあなたは日頃から痛風に関する知識を身につけて、痛風を発症してしまうことが無いように予防策を講じておくようにましょう。

痛風が現れやすい身体の部位ってどこ?

痛風にまだかかったことがなくて尿酸値が高いと言われていた人は、身体に問題があると「あ、もしかしたらついに来たかな…?」と不安になることも多いことでしょう。

痛風が発症する部位として一番多いのが、足の親指の付け根で7割以上の人は足の親指の付け根の激痛に見舞われることになります。

ですが、7割が足の親指の付け根ということは残りの3割はそれ以外のに発症しているということになりますね。

先述の通り基本的にはじめての痛風発作時には前触れをキャッチすることは難しいのですが、なんらかの違和感を身体に感じたときに、それが足の親指の付け根以外の場所の不調だったら判断がとても難しいですよね。

なので、痛風が現れやすい部位に関しては事前にチェックしておいてもよいかもしれません。以下のページから痛風の症状が現れやすい部位についての記事を読むことができます。

痛風の前兆を感じたときにすべきこととは?

コルヒチン

痛風の前兆として足の違和感を感じた場合は、痛風の発作が起こる前に予防的に薬を飲むことで対処することができます。

痛風の前兆が起こった際に飲む薬は「コルヒチン」と呼ばれるものです。

前兆が起こった段階で、コルヒチンを一錠使って対処することで、尿酸の結晶によって起きる関節の炎症がおさえられます。

薬を早い段階で飲むことで、痛風発作を予防できたり、仮に発作が起こってしまっても症状を軽減させることができるということです。

コルヒチンとは、痛みをおさえる薬ではありません。また、痛風の原因となる尿酸値を下げるための薬でもありません。

痛風では、溶けきれなかった尿酸が関節内にかたまり(=結晶)となって付着して、それを体の中の白血球が異物とみなして攻撃を行います。

その白血球の働きをおさえることで、白血球による尿酸結晶の攻撃をおさえるという仕組みになります。

コルヒチンによって白血球の活動がおさえられると、尿酸結晶への攻撃がおさえられるので痛風の痛みが出にくくなるというわけなんですね。

痛風における炎症や激しい痛みというものは、この白血球の働きの結果として現れるものであるため、白血球そのものの活動をおさえてしまおうという考え方に基づいているのです。

痛風発作のとき、関節の炎症が強く出てしまえば、それだけ痛みも強くなります。また、治るのにもより期間を要することでしょう。

痛風発作の影響をできるだけ最小限の影響にとどめるためにも、前兆症状が出たときに早い段階で薬を飲むことは有効にはたらくケースが多いです。

痛風発作が過去に起きたことのある人は、医師から前兆が出てきたときに飲む薬として頓服薬を処方されているというケースもあるでしょう。

ただし注意事項としては、コルヒチンを飲みすぎると副作用が生じるということがあります。

医師から明確に服薬する量を指定されている場合はそれに従いますが、自己判断で飲む場合には1錠にとどめておきましょう。

特にまだ痛風にかかったことがないけれど、尿酸値が高いため痛風予備軍だという方の場合は自己判断で薬を飲むということはよくありません。

できる限りすぐに医療機関を受診して感じている症状から「痛風の予兆かもしれない」と思ったということを伝えて、再度尿酸値などの検査をしてもらうようにしましょう。

コルヒチンはたくさん飲みすぎると吐き気や下痢などの副作用が生じる可能性がある強い薬なのです。

したがって、これから訪れるであろう痛風の激痛からどんなに逃れたかったとしても、飲み過ぎには注意しましょう。

また、このような予防的な服薬は発作前の前兆段階では有効ですが、いざ発作が起こり、激痛が生じてしまうとあまり効果がないともいわれています。

なお、既に痛みが出てきてしまっている場合は、それは痛風の前兆ではなくて痛風発作の症状としてすでに発症してしまっていることになりますので、取り急ぎの対処として痛み止めの薬を飲んで痛みを抑えたいと考えるはずです。

ロキソニンなどの痛み止めを飲もうと思ったら、その前に以下のページを参考にしてみてくださいね。

痛風になる可能性のある尿酸値ってどのくらい?

尿酸値の危険ラインとは

初めての痛風発作では、前兆がなく突然やってくることが大半であるため、痛風になりやすい条件に当てはまる人・痛風予備軍の人は日頃から発作時の対応を頭に入れておくことをおすすめします。

前兆や前触れに気付くことができれば本当は一番いいのですが、まだ痛風になったことがない人で痛風の前兆を感じ取るのは不可能に近いと思ったほうが良いでしょう。

痛風になりやすい要因として最も有名なものは、尿酸値の高さです。

このサイトを訪れているあなたは、健康診断や人間ドックで行う血液検査の結果から「尿酸値が高いですね」と指摘された経験を持っているのではないでしょうか。

血液検査の結果では、「尿酸値」または「血清尿酸値」という項目が該当するため、手元に検診結果がある人はチェックしてみましょう。

痛風になる可能性のある尿酸値の基準は、「7mg/dL」とされています。もし、あなたの血液検査の結果で尿酸値が「7mg/dL」を上回っていれば、痛風になるリスクがあるといえます。

健康な人でも、体の中には必ず尿酸がたまっていくものであり、尿酸が体内にあること自体には問題ありません。

尿酸は7mg/dL以下の濃度であれば、体内で溶け出すことができ、痛風を引き起こす原因となるかたまりになることはないのです。

しかし、もし尿酸値が7mg/dLを超えてしまうと、尿酸が溶け出すことができなくなり、その結果として尿酸の結晶がつくられていきます。

わかりやすい例として、塩を水に溶かす場面を想像してみてください。

塩が少量であれば水に溶けていきますが、塩の量が多くなると塩はかたまり(=結晶)のまま残ってしまいます。

それと同様のことが、体の中で起こっているというわけなんですね。

痛風では、この尿酸値が高いことでできてしまう尿酸の結晶が痛風を引き起こす直接的な原因となるのです。

このように尿酸値が7mg/dLを超えてしまう状態は、痛風発作を引き起こす前段階であったとしても、「高尿酸血症」という診断がつくことになります。

高尿酸血症の人は、痛風発作を起こすリスクが高まっている状態であるということは、きっとすでにお医者さんからは言われていることと思います。

尿酸値は男女で差があり、男性では3.8~7.5mg/dL、女性では2.4~5.8mg/dLが基準値として検診結果に書かれていることもあるでしょう。

しかし、これらの値はあくまでも目安として認識しましょう。そもそも人間の体の構造として、7mg/dLを超えると尿酸が溶け出すことができないというのが一般的な考え方です。

痛風になりやすい食生活を送っている人は要注意!

痛風になりやすい要因として、尿酸値の高さについて先述しました。

尿酸値が高まってしまうような食生活を送っていないか、自分の生活・食事のあり方を振り返ってみましょう。

一般的にはビールを飲んでいる中年の男性が痛風になるイメージがもたれていますが、ビール以外にも要注意の食べ物は多く存在します。

痛風になりやすい人の基本的な食事のスタイルは、まず「食事量が多いこと」が挙げられます。

食事の量が多くなると、それにともなって体に取り込まれるプリン体の量も多くなります。

プリン体はビールだけでなく、様々な食品に含まれているためです。

痛風は以前は「贅沢病」ともいわれていましたが、食事をたっぷり食べている人に多かったことに由来しています。

尿酸値が高めの人は、まず最初のステップとして食事の量を減らしてみることも有効です。

毎食満腹になるまで食べるのではなく、程よいところまで食べるようにします。腹8分目でとどめておくということですね。

食べ過ぎによって肥満になると、普通体系と比べて痛風になりやすくなることが知られているため、基本的な管理として食事量のコントロールは重要となってきます。

ビールを始めとするアルコール類の摂取

ビールを飲む男性

ビールは痛風を引き起こす原因というイメージがありますが、これは正しい情報なのでしょうか。

確かにビールを飲むと痛風になるリスクは上がるため、ビールは痛風を引き起こす原因になりえるのかという問いに対してはYesということになります。

もし、あなたが1日に360mlの缶ビールを1本飲む習慣があれば、痛風にかかる確率は1.5倍に増加してしまいます。

1日にたった1本の缶ビールでさえ、痛風のリスクが高まるのですから、毎日何本も飲んでいる人はホントに要注意です。

1日に50g以上のアルコールを摂取する人は、痛風になるリスクが2.5倍にまで上がるという研究結果が出ています。

アルコール度数5%のビールであれば1000gで50gのアルコールを摂取することになりますから、350mlのビール缶で言うと3本飲むと結構やばいと思ったほうがいいかもしれません。

つまり、たくさん飲むほど、痛風のリスクは高まるといえます。

ビールは尿酸値を高める飲み物として有名ですが、ビールのほかにもアルコール全般が痛風のリスクを高めてしまいます。

その理由としては、アルコールを飲むことで体の中に乳酸がたまっていき、この乳酸によって体の中の尿酸を外へ排出する活動が弱まってしまうのです。

したがって、お酒を飲むことで、尿酸がなかなか体の外に出て行かなくなるので、最終的に尿酸が体の中に溜まっていくことになるというわけですね。

ワインの摂取については問題ないとする立場と、そうでない立場があります。

確かに他のアルコール飲料と比較すると、ワインに含まれるプリン体の量は少なく、痛風へ与える影響はそれほどないように思われます。

しかし、先述の通り、アルコール自体に乳酸を作り出し、尿酸の排出を阻害する作用があることを考えると、やはりアルコール全般の飲酒を控える方が好ましいです。

肉・魚類にはプリン体がたっぷり含まれている

肉や魚のプリン体は多い

プリン体といえばビールという感じがしますが、実は肉や魚類にはたくさんのプリン体が含まれています。

全般的に肉・魚類にはプリン体が多く含まれていますが、特に注意すべき食材があるためご紹介していきます。

まずは、魚の干物です。魚の干物はお酒のつまみになるようなものはもちろん、煮干しにも大量に含まれています。

魚の干物は美味しい食材ですが、尿酸値が高めの人は食べないようにしましょう。

どうしても食べたくて魚の干物を食べたとしても、少量にとどめることをおすすめします。

また、レバーも同様にプリン体を多く含む食べ物です。

レバーの焼き鳥

レバーは刺身や焼き鳥などの形態で食べることが多いですが、焼いたり煮たりしたところでプリン体が減ることはなく、いずれの調理法でもプリン体の量は大変多いです。

尿酸はそもそも代謝を繰り返した結果に生じる産物であるため、動物においても内臓にプリン体が多く含まれているというのは納得できます。

要注意の食べ物は魚の干物・レバー類ですが、肉類全般にも種類に関わらず含まれるプリン体の量は多いです。

肉をまったく食べないわけにはいきませんが、毎日食べる肉の量を少し減らしてみましょう。

近年は肉を中心とした欧米風の食事になってきているため、日本における痛風患者が増加している一因となっているといえます。

上記のように、プリン体が多く含まれる食べ物や飲み物を摂取している人は、痛風になりやすい傾向にあります。

自分の食生活を見直し、痛風の予防に努めましょう。

発作が起こったときに自分でできる対策

尿酸値の高い人が、足のむずむず感などの違和感を感じるようになり、「痛風の前兆かな?」と思っているうちに、発作が起こってしまうことがあります。

何度も痛風発作を繰り返している人であれば、前兆に気づくことができる人もいますが、実際には確信がもてないまま放置してしまうというケースも多いです。

いざ痛風発作が起きたときにできる対策をいくつかご紹介します。

まずは、大前提として安静にすることが挙げられます。

痛風発作が起きるとあまりの痛みに「安静にするしかない」というほうが正確でしょう。

痛風発作では足の関節に激しい炎症が起こるため、足のまわりに体重がかからないように歩いたり、立ったりすることは控えるようにします。

痛みを和らげる方法はいくつかありますが、まずは炎症の起こっている部分を冷たいタオルや保冷剤で冷やしてみましょう。

痛風はまず患部を冷やす

炎症が起こったら冷やすというのは他の病気でも基本の対応となります。熱をとることで、少し痛みが和らぐことが期待できます。

また、炎症の起こっている部分を、心臓より高い位置に置くことも有効です。

多くの場合は足に痛風発作が起きるため、足を心臓よりも高い場所に置きます。

こうすることで、静脈のうっ血が軽減されるため、痛みが緩和されます。

ベッドで横になっている場合には、布団を足元で丸めてその上に足を乗せても良いですし、机などの上に足を乗せられそうであればそれでも構わないでしょう。

痛風の前兆を見過ごしてしまい、痛風発作が起こってしまった際にはこれらの方法を試してみてください。

いざ痛風発作が起こると堪え難い痛みに苦しむことになるため、痛風を引き起こす尿酸値の管理は日頃から行うように努めることが望ましいですね。

痛風は完治が難しい病気!

痛風というのは一度罹患してしまうと、しばらく病院に通って治療を続けていったとしても完治するということがない恐ろしい病気です。

定期的に病院に通いながら、尿酸値を下げる薬や体内での尿酸生成を抑える薬を長期にわたって服用し、再発を防ぐことに努めることになります。

こう聞くと、まだ痛風を発症したことがない方にとっては「一度痛風になってしまうともう手遅れ」という一種の強迫観念に駆られてしまうかもしれませんが、決してこれは誇張でも言い過ぎでもなく事実なのです。

痛風を何度も繰り返してしまっている人はどのようにして再発を防止していくのかということについて詳しく解説した記事を読んでもらうと、痛風とは本当に長い付き合いになってしまうということがわかっていただけるかと思います。

なので、まだ痛風を発症したことがない方は発症する前に手を打っておく必要があるということを強くお伝えします。

特に健康診断の結果で尿酸値が高かったことのある人は、「自分だけは大丈夫!」ということは絶対にありませんので注意しておくようにしましょう。

すでに痛風を発症したことがある方は、何らかの前触れを感じた段階ですぐに医療機関を訪問するのがおすすめです。

加えて、生活習慣や食事習慣を改善していくことが非常に大事です。

上手に毎日のケアをして行きたいと考えている人の多くは、プリン体が多い食品の摂取を控えることはもちろんですが尿酸値をセーブするためにサプリメントを上手に活用しています。

今までの習慣というのは急に変えるのはなかなか難しいので、普段の生活にプラスアルファで始められることの中で最もおすすめの方法となりますので、あなたも痛風予防のための食生活のサポートとしてサプリメントを検討してみてもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
まりこ

まりこ

ご訪問いただきありがとうございます。当サイトでは痛風について疑問に上がりやすい項目をピックアップして解説しています。今すぐに痛みを止めるための方法や、痛風予防のために知っておきたい健康習慣の情報など今すぐに使える情報をお届けしています。痛風の症状に苦しんでいた旦那が健康管理のために活用しているサプリメントを、ランキング形式で紹介もしています。ぜひご参考ください。