痛風の症状が出てきてしまった

日本で痛風と言えば「痛風=痛い」というイメージが浸透していますよね。

と言うのも日本では「痛風」という病名は「風が吹いただけでも痛い」という症状からその名が付いたと言うほどですもんね。

痛風と言う病気の名前はそれぞれの国で異なりますが、この病気自体は、日本だけでなく世界各国の人が悩まされている病気です。

しかもこの痛風は、人類の病気史上で最も古くから知られている病の1つとされているほど、人間との関わりは深いのです。

何とエジプトのミイラの関節には既に痛風の痕跡があったという報告すらあるんですよ!

このように、長い歴史の中で常に人類を悩ませてきた痛風について、このサイトでは次のようなポイントを押さえて有効な情報をお伝えしていきます。

  • すでに痛風で悩んでいるあなたには「どうすれば痛みが改善するのか」という点。
  • 痛風を予防したいあなたには「いかにすれば痛風を予防できるのか」という点。

「痛風になるメカニズム」や「痛風の特徴」を正しく知ること、そしてその対策や日常生活でできる痛風予防などを知ればツラい痛風とも早めにオサラバできますよ!

痛風と人間の「付き合い」はとっても長い!

冒頭でもお伝えしたように、痛風は人類の病気のなかでも、最も古くから付き合いのある病気の1つです。

記録が残っているところでは、紀元前、医学の父とも称されるヒポクラテスによって痛風の報告がされています。

西洋史では、マケドニアのアレクサンダー大王を始めとして、プロシア国王のフリードリヒ大王やフランスのルイ14世、宗教改革者で知られるマルティン・ルターにあのミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチまでもが痛風に苦しめられてきたと言われているようです。

ティラノサウルスも痛風患者

人類以外にも白亜紀の恐竜であるティラノサウルスまでも痛風を患っていたと言われているほど、痛風自体の歴史は長いのです。本当に驚きですよね。

ただ一方で、日本人と痛風の歴史を振り返ると、日本では痛風と言う病気は明治以前はほとんどなかったのではないかと言われているのです。

安土桃山時代に日本を訪れたポルトガル人宣教師のルイス・フロイスの残した記録によると、ナント日本人には痛風はない!と書かれています。

明治初期に日本に滞在したドイツ人医師のベルツも「日本人には痛風患者がいない」と記しているのですよ。

日本に昔は痛風はいなかった

しかしながら、「痛風」と公式に残された記録がないだけで、全く患者がいなかったとは言えません。

特に富裕層の間では江戸時代くらいには、それなりに痛風患者はいたであろうとされているのが現代では一般的です。

ただ実際に日本史上において公式に痛風が病気として記録されるのは明治中期以降で、実際に患者が急増したのは1960年代以降からなのです。

日本では痛風って実はまだ50年程度の付き合いという病気なんですね。ちょっと意外な気もしますよね。

と言うのも、現代では日本国内の痛風の患者数は全国で80万人を超えるとされており、予備軍も含めるとなんと500万人以上が痛風と関わりがあるとされているのです。

この50年で日本人にとっても痛風はすっかり「よくある病気」「身近な病気」の1つになってしまっていますよね。

痛風になるのはどうして?自然には治らないの?

先の項でご紹介したように、明治に入るまで、もっと言うと1960年代になるまで、日本人にとって痛風はさほど身近な病気ではありませんでした。

それはなぜなのでしょうか?日本人は痛風になりにくい体質だったのでしょうか…?

いいえそんなことはありません。

西洋史上で記録が残る痛風患者の例を見たり、日本で痛風患者が増えたのが1960年代以降ということを読んで、あなたは痛風の原因をすでに察したかもしれませんね。

そう、痛風と言うのは「食生活」や「生活習慣」と深~く関わりのある病気なのです。

痛風と食文化の関係

洋食の画像

西洋圏で古来より痛風患者が多かった理由は、もともと西洋の食文化が「小麦」「大麦」など「麦」を中心であることに加え、主菜が「肉」、特に牛肉が中心だったことによります。

こうした食べ物は、痛風の原因となる「尿酸」を高める原因の1つ「プリン体」が多い食べ物なのですね。

動物性タンパク質というのは、尿酸値を高める食べ物の最たるものなんて言われていますしね…。

古代エジプトでは既に飲まれていたという「ビール」なんてのも、プリン体を非常に多く含むものの1つですしね。

一方の日本は「米」を中心とする食文化で、主菜にタンパク質が摂れる機会が少ない時代が続きました。

もちろん日本は海に囲まれているので、魚はよく口にしていたでしょうし、猪や鶏などの肉も食べてはいました。

しかし実際の食生活上では、魚も肉も回数・量ともに日常的に「頻繁」であったり「過剰」と言う状態で食べられるわけではありませんでした。

昔から食べる機会が比較的多かったと思われる魚ですら、今のように流通したのは運搬加工技術が進んだ現代に入ってからです。

つまり、日本人は西洋の人に比べ、そもそも動物性タンパク質を摂取する機会が極端に少なかったということが言えるのです。

このことが痛風を引き起こす原因にとても大きな関係があることなのです。

痛風の痛みと尿酸

痛風に頭を悩ませる男性

痛風の痛みと言うのは、身体の中に尿酸が溜まり、その尿酸が結晶になることで関節が激しく痛むから起こります。

簡単に言うと、痛風とは体中の関節にできる「結石」とも言えるのです。

尿路にできる結石の痛みというのは七転八倒の痛みといも言われますが、そうした痛みが体中の関節で起こる可能性があるのが痛風なのです。

これはどんなにツラいことか簡単に想像できますよね。

痛風には「尿酸」が深く関わっていると既にご紹介していますが、痛風というのは「今日だけ体内尿酸値が高かった」からと言って突然起こるものではありません。

痛風になってしまうのは、その以前の段階で尿酸値が高い状態がしばらく続かなければ起こることはないのです。

けれど、体内の尿酸値が高いだけの状態であれば、身体に異変が起こり、自覚症状として何かがあるわけではないのが怖いところ。

本人が「ん、今、自分の身体は尿酸値が高いな」と気づくことはまずありません。

痛風は症状が表れるようになるまで、体内で静かに進行していくのです。

ここが痛風の怖いところで、尿酸値の高い人が、それに気付かず、高い尿酸値のままで身体を放っておくとある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛みだすのです!

この痛みは本当に「激烈」と言われていて、大の大人でも泣き出してしまうほどに耐え難い痛みと表されることが多いですね。

こうした突然の痛みは「痛風発作」と言われるものなのですが、大抵の場合は1週間~10日で痛みが収まり、さらには全く痛みがなくなってしまうので、病院などで検査を受けない人もいたりします!

これは本当に危険なことです。

痛風で医療機関を受診するということ

痛風発作があった時点(現実的には発作が一先ず治まった時点)で病院に通院し、適切な薬と治療、食事の改善指導や生活習慣の見直しをしておくと、痛風であっても比較的早く治すことができます。

それを、痛みが収まったからと言って放置し続けていると、痛風発作は1年以内で再びあなたを襲うことになり、その発作を繰り返すうちに足首や膝の関節まで腫れ始めてしまいます!

こうなると発作の間隔も次第に短いスパンでしばしば起こるようになり、発作の間隔が短くなる頃には大きな関節の周囲はもちろん、身体のどこかに結節ができたり、腎臓まで壊すことになるのです…!

さらには尿酸結石になり、痛風の激痛と結石の痛みと言う2重苦に苛まれることにもなりかねないということです。

尿路結石について気になる方は尿路結石について載ってるサイトに目を通してみてもいいかもしれません。

また、痛風は放置することで慢性痛風と言われるものになる可能性も高くなります。

他にも尿酸値が高いことで心血管障害や脳血管障害の可能性が一気に上昇するので、痛風を放置することは絶対に厳禁なのです。

SPONSORED LINK

痛風と尿酸値~バランスの良い尿酸値を守るために~

尿酸値7.0mg/dL

痛風と言うのは「尿酸」が深く関わる病気であることはこれまでにご紹介してきた通りですが、実は痛風のリスクは男女でもかなり差があります。

厚生労働省の調査では、2004年の痛風での通院患者は87.4万人、そのうち男性の患者数は79.0万人、女性は8.3万人と報告されています。

率にするとなんと痛風患者の約90%以上の人が男性ということになるのです。

これはひとえに、男性における「尿酸の血液中濃度」が女性よりはるかに高いことが理由なのです。

というのも、女性は「女性ホルモン」によって腎臓から尿酸の排泄を促す働きがあるため、たとえ男性と同量の動物性タンパク質を摂取しても、すぐには尿酸値が高くならないのですね。

しかしながら現代では、女性ホルモンの正常な働きで抑えられる以上に、女性も動物性タンパク質の多い食事やプリン体の多い食事をするようになっているので、女性の痛風患者も確実に上昇傾向ではあります。

また、過激なダイエットなどで女性ホルモンのバランスが崩れることの多い現代社会の女性は、そもそも正常に女性ホルモンが分泌されていないこともあったりするので、女性における痛風のリスクは高まる一方でもあります。

しかし、こうした男性が潜在的に持っている痛風罹患のリスクも、最近上昇している女性の痛風罹患のリスクも、日常生活において「食生活」や「生活週間」に気を付けることでかなりのリスクを減らすことができます。

特に食生活の改善では、体内の尿酸濃度を大幅にコントロールすることが可能ですので、今すぐにでも痛風改善や痛風予防として食生活の改善は始めた方が良いでしょう。

では食生活で気を付けるポイントはと言うと…?

動物性タンパク質の摂取を控える

動物性たんぱく質

例えば平日の食事が肉食ばかり…という人は、そのうちの1回でもいいので動物性タンパク質を控えて別の食事にしてみるなどが有効です。

小さな一歩でもOKですので先ずはそうしたことから始めてみてください。

もしどうしても動物性タンパク質の摂取を控えることが難しい環境にいる場合は、野菜の摂取を増やしたり乳製品を摂取することでバランスをとるようにしましょう。

飲酒について考える

アルコール、特にビールは尿酸を増やす代表格として扱われることの多いアルコール飲料です。

アルコールと言うのは、体内で分解される際に尿酸が作られることに加え、アルコール分解時にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積することがわかっています。

ちなみにビールが尿酸を増やす要因になるのは、ビールには尿酸の元となる「プリン体」が多く含まれているからです。

ただ、現在ではプリン体ゼロの発泡酒なども大変種類が増え、味もビールと遜色のないものが増えていますよね。

痛風を予防したい人や痛風であってもどうしてもアルコールを摂取しなければならない場面がある時は、プリン体ゼロ・ノンアルコールの飲料を選ぶことをおススメします。

ストレスと尿酸値

ストレスが痛風の原因に

実は食生活以外にも「ストレス」が尿酸値を上昇させることが近年の研究でわかってきました。

他にも意外なことに、運動もやり方しだいでは尿酸値を上昇させることがわかってきているのです。

特に激しい運動と言うのは尿酸値を一時的に上昇させるということなので、激しい運動後にビール…という習慣を持つのは痛風予防にとっては大NGということになりますよね。

日常生活で痛風を予防するために

これまでの内容を踏まえて、日常生活において痛風予防・痛風対策をするための代表的な方法をご紹介します。

肥満は解消すること!

肥満の画像

毎日の食事において、偏食を避けて多品目を少量ずつ、ゆっくり噛んで食べることで肥満は少しずつ解消します。

肥満と痛風は切っても切れない関係なので、ぜひ肥満を解消しましょう。

アルコールを控える

先の項でも述べましたが、アルコールはその分解過程で尿酸値をどうしても上げてしまいます。

すぐにアルコールを飲む習慣を止めると、その方がストレスになることもあるので、まず飲んでいる飲料のうちのいくらかをプリン体ゼロやノンアルコールにしていくことから始めましょう。

そして、休肝日を作ったり、飲むものについて尿酸値を上げるものばかりにしないように気を付けましょう。

有酸素運動を取り入れる

激しい運動は尿酸値を一時的に上昇させてしまうとご説明しましたが、ウォーキングなどの有酸素運動は尿酸値を上げない運動です。

肥満解消や尿酸値のバランスを保つためにも、有酸素運動を日常に取り入れるようにしてみましょう。

水分を積極的に摂るようにする

水を飲んでいる男性

水分をしっかりとると、その分、体内の尿酸値濃度を抑えることができます。

理想は1日2リットル以上の水分摂取と言われているので、2リットルを目標に自分の1日の水分摂取を考え直してみましょう。

プリン体の排出作用があるサプリ等を摂取する

現代は便利な時代になってきていて、なかなか生活習慣を変えることができない人でも自分の身体を労われるサプリメントがたくさんあります。

例えば鉄やカルシウムも、食材から摂ることが難しい人はサプリから摂取できますよね。

実はプリン体や尿酸値を気にしている人には、アンセリンという成分が配合されているサプリを活用してみてください。

アンセリンはに過剰なプリン体を排出する働きを促す効果があるのです。

なかなかすぐには生活習慣をガラリと変えるのが難しいという人は、こうしたサプリ等のサポートを考えていくのがいいでしょう。

薬と比べて副作用もなく、ランニングコストも安く抑えることができるので非常におすすめですよ。

Supplements

痛風は一度なってしまうと、患者の90%以上が1年以内にまた痛風発作を経験しています。

なぜなら痛風は食生活や生活習慣が原因となっているため、そう簡単に生活習慣を変えることが難しいからです。

病院で処方される薬を続けて飲み続けるのは副作用も心配ですし、できればサプリメントで尿酸値を抑えていく方が身体のためには負担がありません。

近年のサプリメントは、サプリメントとはいえかなり高い効果が期待できる上、副作用もないので是非1度は試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
まりこ

まりこ

ご訪問いただきありがとうございます。当サイトでは痛風について疑問に上がりやすい項目をピックアップして解説しています。今すぐに痛みを止めるための方法や、痛風予防のために知っておきたい健康習慣の情報など今すぐに使える情報をお届けしています。痛風の症状に苦しんでいた旦那が健康管理のために活用しているサプリメントを、ランキング形式で紹介もしています。ぜひご参考ください。