サプリメントの画像

痛風を予防するためには正しい栄養バランスを心掛けることを続けていく必要があります。

ですが、多くのケースでは尿酸値が高いまま放ったらかしにしてしまい、痛風発作が起きてから初めて

しっかりと予防しておけばよかったな…」と後悔することになります。

病院で処方された薬を飲み続けていても、なかなか良くなっていないとしたら、食事習慣を改善できていないため、尿酸値が高まってしまう状況が改善していないことに起因します。

まずは食事のバランスを整えるために、栄養素の補給を正していくことを意識しましょう。

そのためにサプリメントを活用するのがおすすめです。

この記事では、サプリメントを選ぶメリットや正しい選び方をお伝えしていきます。

読み進めていただけると

  • サプリメントをなぜ飲むべきなのか
  • サプリメントを選ぶときの基準について
  • 配合されている成分の効果について

こんなメリットがあります。

是非参考にしてみてくださいね。

なぜ薬よりもサプリメントを選ぶ人が多いの?

健康を維持していくためにもっとも大事なことは「事前対応」です。

病気が進行してから病院にいくという人が多いため、日本では医療費がどんどん膨らんでいるのが現状です。

「保険料でまかなえるからいい」という考えは非常に危険です。

体が「悪くなってから」その状態を快方に向かわせるのと、「悪化する前に」対応するのでは、どちらがあなたの人生をよくするために効果的な方法でしょうか?

もしあなたの周りに、尿酸値が高い人がいたら、「とりあえず痛風になるまで待ってから、痛風になったら病院にいくといいよ!」とアドバイスするでしょうか?

きっとそうはアドバイスしませんよね。「予防を心がけることが何よりも大事だよ。」とか、「続けて予防していくことが大事だよ!」と伝えるのではないでしょうか。

同じく、もしあなたが非喫煙者だとしたら、タバコを吸っている人に「肺がんになったらタバコをやめるのがおすすめだよ!」といいますか?それとも「肺がんになる前にタバコをやめたほうがいいよ!」といいますか?

このページを読んでくださっているあなた自身、自分の体のことを同じように大切にしてあげてください。

あなたが痛風を悪化させてしまうことで悲しむ大切な人の存在を忘れないでくださいね。

もちろん、健康がすべてではありませんが、健康を失うとすべてを失います。

そうならないように、今から事前対応を初めていきませんか?

もちろん、理由はそれだけではなく、事後対応だと治療にかかる医療費が3割負担でも相当高額になってしまうということも理由として挙げられます。

毎年何万円?何十万円もの医療費で痛い思いをする前に、少しでも早くスタートすることをおすすめします。

痛風予防のためにサプリメントを活用するメリットとは?

ここまで痛風に効果の高いサプリメントを早足で紹介してきましたが、ここからはどういった基準でサプリメントを選ぶべきなのか?ということに重点を置いてお話を進めたいと思います。

  • 痛風に悩んでいてサプリメントを検討している
  • サプリメントって実際に効果があるのか半信半疑
  • 薬と一緒にサプリを飲んでもいいのか気になっている

こんな悩みを持っている方の不安を一挙に解決します。

サプリメントの中のどんな成分が作用しているのか、また、効果的な飲み方はあるのか。痛風の薬や他の処方薬との飲み合わせはどうなのか、詳しく解説していきますのでぜひ読み進めてください。

そもそも痛風サプリとはどんなもの?何のために飲むの?

どうしてサプリメントがいいのか?

サプリ=サプリメントというのは、一般的には「栄養補助食品」ということで、日常で不足しがちな栄養素を補うために飲むものです。

特に健康に問題がない人ではビタミン系のサプリで野菜不足を補うといったことをしている人も少なくないはずです。

「より健康に」とか「美容のために」という場合では、女性ならコラーゲンやヒアルロン酸などのサプリや、ダイエットのために脂肪の吸収を緩やかにするというサプリを飲んだことがある人もいるでしょう。

成長期や妊娠期間中であれば、カルシウムや鉄分の摂取をサプリに頼っていた人も多いでしょうし、女性は特に「葉酸」を妊活時期に飲んだり、マタニティ期間に飲んだりした人も多いはず。

他にも「便秘解消」とか「老齢期の関節の痛み緩和」といったそれぞれの目的に応じてサプリは選ばれます。

そうした中で、「病気予防」のための食事習慣改善のサポートとして作られ、飲まれているサプリも数多くあります。

病気予防として1番有名なのは「生活習慣病(糖尿病や高血圧など)予防のためにサプリを飲んでいる」場合ですね。

この場合は、主に活性酸素が体内で増加するのを抑制することに効果が期待できるサプリになっています。

つまり、サプリと言うのは、それ自体に病気を予防したり治したりする力はありませんが、栄養を補助することで身体の活動をスムーズにすることができ、そのおかげで病気も予防できることがあるという食品なわけです。

こうした「補助的」な役割を活かして、痛風の予防にもたくさんのサプリメントが販売されています。

痛風予防のサプリメントに配合されている成分

骨の強化をしたい時にカルシウムのサプリを飲むように、痛風予防には痛風予防に適したサプリメントがあります。

痛風予防に適した成分が配合されているサプリメントというのも、市場にはたくさん種類がありますが、痛風予防のサプリメントの多くに共通して配合されている成分と言うのもあります。

そうした成分の中でも痛風予防のサプリメントでよく配合されているものについて、詳しくご紹介します。

痛風への有用成分1:アンセリン

痛風予防に期待の高いと言われるサプリメントのほとんどに配合されているのはこの「アンセリン」という成分です。

このアンセリンと言う成分は、1929年に動物の筋肉組織から発見された成分で、β-アラニンとメチルヒスチジンが結合したイミダゾールペプチドの1種です。

ただ「β-アラニンとメチルヒスチジンが結合したイミダゾールペプチドの1種」と言われていもよくわかりませんよね。

これが何かと言うと、疲労回復効果があると言われる「ペプチド」の1種というのが簡単な説明になります。

つまり、イミダゾールペプチドというのは、身体の疲労回復などにとても効果のある物質なのです。

この物質は筋肉の中で作られ、体内に生じる「活性酸素」を抑える役割も持っています。

活性酸素と言うのは、細胞にとって良い影響を与えるものではないので、抑制できればそれに越した事はないものです。

自然界の生物では、ずっと泳ぎ続けるマグロやカツオ、大変な長距離を飛び続ける渡り鳥の翼の筋肉にこのアンセリンが存在していることがわかっています。

ということは、アンセリンがあれば、活性酸素が抑制され、さらにペプチドのもつ疲労回復効果で、身体の疲労が軽くて済むと言うことになります。

どうしてアンセリンが痛風予防に効果があるのか?

どうしてアンセリンが効くのか?

アンセリンが身体にとって嬉しい働きがあることがわかったとして、ではなぜ痛風予防に効果があるのでしょうか?

  • 活性酸素を抑えることで細胞の損傷を防ぐ→活性酸素が作られ過ぎない事は、尿酸結晶で関節が傷つくことも防いでくれます。
  • アンセリンには「尿酸の生成を抑制する」効果もある→実はアンセリンには、ここまでにご紹介した働き以外にも、尿酸の生成を抑制するという働きもあるのです。

それに加えて尿酸の体外への排出も促してくれるので、体内(血中)の尿酸濃度を抑えることができるのですね。

これらの内容から、アンセリンは痛風予防のためのサプリメントによく配合されているのです。

尿酸やプリン体の排出にかかわる成分とは?

悪いものを排出してくれるイメージ

それぞれのサプリには、尿酸やプリン体の排出を促すことで尿酸値を下げる成分が入っていることが多いです。

イメージとしては、身体の外に痛風の原因となってしまう物質を綺麗に洗い流してくれるようなイメージですね。

多く摂りすぎてしまったプリン体や、身体の中で生成されてしまった尿酸を身体から追い出す習慣をつけることで痛風の改善に役立てようということです。

たくさん存在している痛風予防のサプリで、尿酸やプリン体の排出を助ける成分として配合されているものには次のような成分があります。

痛風への有用成分2:カリウム

尿酸と言うのは「酸」と名がつく通り、酸性の物質なわけですが、この尿酸の排出を促すためには尿をアルカリ性にすれば尿に尿酸が溶けやすくなり、スムーズに排出されるようになります。

そこで、体内のナトリウム(塩分)の調節を行っているナトリウムとカリウムをコントロールすることで、尿をアルカリ性に傾けるためにカリウムを摂取すると良いとされています。

このために、痛風を予防するサプリにはカリウムが配合されていることが多くあります。

痛風への有用成分3:葉酸

葉酸が多く含まれる食品のイメージ

葉酸と聞くと「妊婦さんに必要な栄養素じゃないの?」と思う方も多いと思います。

確かに葉酸の摂取を奨励されているのは妊婦さんや妊娠を希望している女性なのですが、実はこの葉酸と言うのは、体内の代謝を正常化させる働きがあるので、痛風予防にも効果があるとされているのです。

身体の中で尿酸を作り出す酵素に「キサンチンオキシターゼ」と言う酵素があります。

この酵素が働くと、身体の中で尿酸が作られるのですが、葉酸は身体の代謝を整えることで、この酵素の働きを抑え、尿酸を作り出すことを防ぐのです。

また、葉酸を多く含む食品というのは緑黄色野菜や海藻類。

これらの食物はアルカリ性の食物なので、尿をアルカリ性に導いていくれます。

尿をアルカリ性にして、尿酸の排出を促進してくれるのはカリウムと同じですね。

代謝と尿酸の排出を促進してくれる葉酸を含む「痛風予防サプリ」が多く存在しているのはこうした理由からなのですね。

痛風への有用成分4:高麗人参・田七人参

高麗人参と聞くと名前は聞いたことがある方も多いのではないかと思いますが、具体的な効果については詳しく知らないという方もいるかと思います。

高麗人参の効果としては滋養強壮のイメージや疲労回復の効果が強いかと思いますが、実は漢方薬として糖尿病の改善などにも使われることがあるものなのです。

なぜかというと、高麗人参に含まれている貴重なポリフェノールの一種である「サポニン」が血糖値をコントロールしてくれるために食後の急激な血糖値の上昇を防いでくれるのです。

また、サポニンには代謝を高める効果や免疫力の向上、ストレスを解消する働きもあるためまさに高麗人参が万能と言われる由縁を作り出しているスゴイ成分なのです。

痛風の大きな原因のひとつに「ストレス」がありますが、高麗人参を定期的に摂取することで気づかないうちに溜まっていっているストレスを解消してくれます。

ちなみに、田七人参というのは高麗人参のように中国で生産されることが多いのですが、高麗人参よりもずっとずっと効果でなかなか手に入りづらい原料であるため、田七人参がつかわれたサプリというのは非常に少ないです。

効果は高麗人参よりもはるかに上を行くと言われているために、痛風に悩んでいる人の間では田七人参はもはや一般常識ともいえるほどポピュラーな存在になっています。

痛風への有用成分5:菊花ポリフェノール

菊花ポリフェノールのイメージ

まだあまり耳慣れない成分ですが、痛風予防のサプリメントには「菊花ポリフェノール」という成分を含んでいるサプリメントが少なからずあります。

菊花ポリフェノールの効果というのは、近年、その効果が研究により証明されてきた成分で、葉酸と同じく、尿酸産生酵素であるキサンチンオキシダーゼの酵素活性を阻害すること効果が認められています。

さらに尿酸の排出を促す効果があることが研究により明らかになっています。

そもそも尿酸を生成させないということと、尿酸の排出を促す効果が期待できるということで、痛風予防のサプリメントに積極的に用いられるようになっているのです。

痛風予防のサプリの効果的な「飲み方」とは?

通常の風邪薬などでも「食前」とか「食後」に飲むように…という「飲み方」の注意があるものは多いですよね。

「何で飲むか」ということについても、「水や白湯で飲むこと」とか「アルコールを飲んだ後は避けること」という注意があるものもあります。

サプリメントは薬ではないので、薬のように厳密な決まりはありませんが、それでも「効果を出しやすい」飲み方と「効果を半減させてしまう飲み方」というのはあります。

せっかく痛風予防に効果のあるサプリメントでも、効果を消してしまうような飲み方をしてしまったら残念ですよね。

ここからは、痛風予防のサプリメントの上手な飲み方・摂取の仕方についてご紹介します。

痛風サプリメントは「何で」飲むのが適切?

サプリメントは栄養補助食と位置付けられているので、薬のように厳格な決まりがないことは先にお伝えした通りです。

そのため、利用者も「多少どんな飲み方をしても平気でしょ」となりがちですが、そんなことはありません。

サプリメントによってはβカロテンやビタミンEなどは「牛乳」で、ミネラル系は「オレンジジュース」で飲むと、サプリの成分の吸収率が上がる…と言った実験結果もないわけではありません。

しかし、基本的には、サプリメントも薬と同じように「水かぬるま湯」で飲むのが、身体には1番負担の少ない、効果の出やすい飲み方と言えるでしょう。

ちなみに、どのくらいの量の水で飲むのが適当かと言うと、大体コップ1杯(180~200cc)の水の量が良いとされています。

痛風に効果のあるサプリメントは「いつ」飲むのが良いの?

サプリメントを飲むタイミングは?

どんなサプリメントでもそうなのですが、サプリメントは基本的に「栄養補助」という立ち位置なので、それ単独を空腹時に飲むより、食事中や食後30分以内に食事の栄養と共に身体に吸収できるようにした方が効果が良いということです。

痛風予防のサプリメントの多くに含まれている「アンセリン」はアミノ酸系の成分です。

こうしたアミノ酸系の成分を持つサプリメントは、食事中に摂取すると、消化によって最初の方に体内に吸収される成分と言われています。

ただ、吸収の順番としては「通常の食品に含まれるアミノ酸」が最初に吸収されるため、食事中にサプリメントを摂取すると、サプリのアミノ酸の吸収が緩やかになってしまうと言われています。

ですから、アンセリンが配合されているサプリについては、食後2~3時間後か、もしくは食前30分以内に飲むことがおすすめです。

食前に飲めば、他の食品から摂れるアミノ酸よりも先に身体が吸収してくれるので、高い効果が期待できるようになります。

痛風サプリメントの「飲み合わせ」ってある?

痛風予防のサプリメントを飲んでいる人、もしくはこれから飲もうとしている人で、すでに他の栄養補助として異なるサプリメントを摂取している人もいるかと思います。

例えばビタミン不足のためにビタミン類を摂取しているとか、貧血気味で鉄分のサプリを摂っている…と言った場合ですね。

こうした場合に、新しいサプリを追加して、飲み合わせが悪くなることがないのかどうかをご紹介します。

痛風やサプリメントについて自分でもある程度調べておくのも大切

気になる場合は調べておくのがおすすめ

実は現在の日本で、サプリメントと薬、あるいはサプリメント同士の飲み合わせについて詳しい医師や薬剤師というはそんなにたくさんはいません。

ですから、正直な話、かかりつけ医に「このサプリ同士って一緒に飲んでも大丈夫ですか?」と訊いても明確に答えられる医師は多くないのです。

ということは、飲むサプリの種類を増やすなどをしたい場合には、もちろん医師への相談は必要ですが、それ以上に自分でも「飲み合わせは大丈夫かな?」と調べる必要があるのです。

ですが、基本的にサプリメントは大きく分けると「食品」に該当するということと、飲み合わせが発生するほど大量の成分を配合しているわけではないのであまり神経質にならなくても問題は無いでしょう。

唯一特筆するとしたら葉酸くらいでしょうか。

痛風に効果があるサプリの成分で配合されていることの多いものであれば、葉酸を含むものは次の薬などとは一緒に飲むことを避けましょう。

NGな飲み合わせ1:葉酸と「抗てんかん薬」

葉酸そのもののサプリや、葉酸を含んでいるサプリと「抗てんかん薬」は一緒に摂取することはNGです。

これは、抗てんかん薬の効き目が弱くなってしまうために、NGとされている飲み合わせです。

NGな飲み合わせ2:葉酸と「アスピリン(解熱鎮痛剤)」

痛風発作を鎮めるために飲むことのある鎮痛剤ですが、もし自宅にあるアスピリン系の鎮痛剤を飲んでいる時は、葉酸を含んだサプリメントは一緒に飲まない方が良いです。

これはせっかく飲んだ葉酸の吸収を阻害してしまうためです。

アスピリンを主成分とした代表的な解熱鎮痛剤は痛み止めの「バファリン」です。

ちなみに、アスピリン系の薬は尿酸値を上昇させてしまう働きをはらんでいるため、尿酸値が高い人や痛風患者が飲むことはNGとされています。

痛風で病院を訪れた際にはアスピリン系の薬が処方されることはありません。

家にある常備薬がバファリンだったという場合は、痛風発作時にも飲めるロキソニンに早めに切り替えておくのがいいでしょう。

痛風のサプリはどのくらいの期間飲めば良い?

サプリメントはどれくらいの期間続けるべき?

いくら身体に良いとはいえ、サプリメントも一生涯飲み続けるのは大変かもしれませんよね。

では、痛風予防のサプリメントは一体どのくらいの期間を飲み続ければ良いのでしょうか?

痛風予防のサプリメントについては、大体3ヶ月以上飲み続ければ、その効果が徐々に見られてくるとされています。

これは、サプリメントというのは「薬」ではないために、病気を治すことを目的として作られているわけではなく、食事習慣の見直しなど「根本的な部分の改善」を目的としているからです。

つまり、処方薬のような「対処療法」ではなく「転ばぬ先の杖」で健康的な食生活のサポートをすることであなたの抱えている悩みを解消するためにあるものだと考えてください。

ですので、どんなに良い痛風予防のサプリでも、1ヶ月も飲まない間に止めてしまうと「効果が出なかったじゃないか!」となりかねません。

継続は力なりということで、最低でも3か月は続けてみてくださいね。

アンセリンを含むサプリは、効果が出始めてきて効果が身体に定着したら、飲用を止めても効果が続くとも言われています。

継続した服用をして効果が出てきて、さらにその効果が定着してきたことがわかったら、1年ほどでサプリを止めて、食事療法だけで尿酸値をコントロールすることも可能ですよ。

あなたの周りには、あなたが痛風で苦しんでいる姿を見て心を痛めている人がいるはずです。

そんな大事な人のためにも、自分自身の身体のことは自分でコントロールして、心配をかけないように過ごすことはとても大事なことだと感じます。

痛風のサプリに関する疑問解決Q&A

女医さん

よくある質問にお答えしたいと思います!

痛風の治療薬を飲んでいるときにサプリメントは飲まないほうがいいんじゃないの?
お薬との飲み合わせは気になるところだと思いますが、基本的にサプリメントは普段「不足しがちな栄養素」を効率的に補給するためのものです。
そのため、食事制限で特定の栄養素を控えるように言われている場合以外は活用して問題ありません。ただし、不整脈がある方で病院から「ワーファリン」を処方されて飲んでいる場合は一度かかりつけの医師に相談されることをおすすめします。
本当に効果があるのかが疑問…
日本の医療というのはアメリカやヨーロッパ諸国と比べるとかなり遅れています。
特に、生活水準が高くオーガニック思考が強い世代は病院での治療において医師にサプリメントをメインで出してもらうようにお願いする人もいるほどです。
海外諸国との情報格差によって、日本ではサプリメントの有用性の認知がかなり遅れていますが、近年どんどん「自然由来のサプリメント」を健康管理に役立てる流れができています。
痛風が治療によって治った場合はサプリメントを辞めてもいい?
医療機関での治療によって痛風が良くなった場合でも、痛風というのは再発率がとても高い病気のためサプリメントを「健康習慣」として継続的に続けていただくことをおすすめしています。痛風の再発リスクについてはこちらのページで解説しています。
サプリメントって余計なお金がかかるんじゃないの?
当サイトでは、サプリメントメーカーの中でも特に顧客のことを第一に考えているサプリメントをメインで紹介しています。
当サイトの運営において、メーカーの担当者さんのサプリメントにかける思いというものを聞くことができる機会がありました。
メーカーの担当者様は、とても人間的にも素晴らしい方で、ひとりでも多く悩んでいる方の力になりたいという熱い想いを語ってくださり、この商品が普及することで世の中がよりよくなることを願っていました。そんな想いに感銘を受けたと同時に、サプリメントの信頼性が腑に落ちました。
商品の価格で表記されているもの以外にかかるお金は一切ないことを当サイトでは自信をもってお伝えしています。
The following two tabs change content below.
まりこ

まりこ

ご訪問いただきありがとうございます。当サイトでは痛風について疑問に上がりやすい項目をピックアップして解説しています。今すぐに痛みを止めるための方法や、痛風予防のために知っておきたい健康習慣の情報など今すぐに使える情報をお届けしています。痛風の症状に苦しんでいた旦那が健康管理のために活用しているサプリメントを、ランキング形式で紹介もしています。ぜひご参考ください。